デッドコースター – Final Destination 2 – 本格的なネタバレ

サスペンス

感想

2003年にリリースし、前作からも数名ほど登場人物が出てくると、リリース前から噂で待ち望んでいた映画であった。

もちろん、僕も友人達も楽しみで映画館に並んで見たぐらいだった。

残念なのは、今のように、HuluやNetflex等が出ていなかったので、映画前に、前作を借りようとしてもDVDがなかったりして予習がしにくかった点であった。

ちなみに、前作からは、主人公のアレックス・ブラウニング、ヒロインのクレア・リバース、謎の男のウィリアム・ブラッドワースが登場する。

また、今作では、超美人のA・J・クックが主役を演じている。

A・Jクック【クリマイJJ役】美人でかわいい!身長や性格,スリーサイズは?結婚した旦那&子供についてまとめてみた! – 海外ドラマ情報

解説

前作からちょうど一年後。予知夢によって、ハイウェイの玉突き事故による死を免れた9人の男女に、再び死神の魔の手が忍び寄る。今作での発端は高速道路で、前作から引き継がれた迫る死の恐怖をよりリアルに描くだけでなく、前作の“死を免れた人間”によって、他にも“死を免れた人間”が存在したという新たな視点が加わっている。この視点は見方を変えれば、永遠に死の連鎖が続いていくとも考えられる。

ソース: Wikipedia

出演

役名 俳優 写真
キンバリー・コールマンA・J・クック
Andrea Joy Cook
A・J・クック
クレア・リバースアリ・ラーター
Ali Larter
Ali Larter
トーマス・バーク保安官マイケル・ランデス
Michael Landes
Michael Landes Biography | Fandango
エバン・ルイスデビッド・パートコー
David Paetkau
David Paetkau (15300091683).jpg
ティム / ティモシー・カーペンタージェームズ・カーク
James Kirk
Kirk - Chris Pine as James T. Kirk 写真 (8196485) - ファンポップ
ノラ・カーペンターリンダ・ボイド
Lynda Boyd
Lynda Boyd
キャット・ジェニングスキーガン・コナー・トレイシー
Keegan Connor Tracy
Keegan Connor Tracy
ローリー・ペータースジョナサン・チェリー
Jonathan Cherry
Jonathan Cherry (@yonathancherry) | Twitter
ユジーン・ディックスT・C・カーソン
T.C. Carson
TC CARSON
ブライアン・ギボンズノエル・フィッシャー
Noel Fisher
ノエルフィッシャーバイオ、年齢、純資産、身長、妻。恥知らずなトワイライト、映画、テレビ番組での役割 - バイオグラフィー
ウィリアム・ブラッドワース トニー・トッド
Tony Todd
Tony Todd

ネタバレ

前作180便の事故時に、実は死ぬはずが死んでいない人物達がいた。

始まり

深夜にテレビで、死神についての番組を見、翌日に友人達と海に遊びに行く途中ラジオをつけたときに、180便の犠牲者を偲ぶ追悼式典が流れることが前触となる。

ちょうど180便の一年後、高速道路でパトカーがキンバリーの車を抜かし、木材を運んでいるトラックの後ろについたところで、その木材がトラックから転げ落ちてしまい、大規模な玉突き事故が発生してしまう。という夢をみたところで、起きたキンバリーは、高速への入り口で車を横にして、その後の車達を救おうとする。

そのキンバリーをトーマス保安官が下ろした後で、木材を乗せたトラックが事故を起こしてしまう。さらに、キンバリーの車に残っていた友人達を、もう一つのトラックがぶつかってしまう。

警察署でキンバリーが180便のことを出し、同じような予知を見たことをいうと、ユジーンがそれを茶化してしまう。ただ、トーマス保安官が実は、一人だけ生き残った子がいて、それが精神病院に今いると伝えてしまう。

その後、全員解散するが、キンバリーは自宅で父親に対して、これがまだ終わりでないことを伝える。

一人目 – エバン・ルイス

前が見えない状態で階段を上がり廊下を歩く。

汚い自宅に着き、フライパンに乗っていた前のスパゲッティを窓から投げ捨てるというかなりズボラな人格を見せる。

上半身裸になり、料理をし始めるが、背中に不思議な風を感じ、周りを見渡すが何も見えなかったから料理を継続する。ただし、その後で、レンジに入れる箱の中に、マグネットが落ちてしまっているのは気づかなかった。

留守電を聞き、二人からの女性からの誘いがあることで気を良くしたエバンは、持っていた指輪をディスポーザーに落としてしまったので、拾おうと手を突っ込んでしまったために引っかかり、レンジとフライパンの火事に間に合わなくなってしまう。

手が抜けたエバンは窓から逃げ、危機一髪で、爆発を逃れる。

非常階段から非常梯子を使って地面に降りたエバンだが、最初の方で捨てたスパゲッティに足を滑らせて転倒し、使っていた非常梯子の先端で頭部が貫通してしまい、死亡する。

同じ時刻に、トーマス保安官は、ネットでアレックス・ブラウニングを検索し、落ちてきたレンガが頭部を直撃して死亡していることを知る。ニュースでは奇怪な死と書かれていた。

二人目 – ティム / ティモシー・カーペンター

生き残っている全員がエバンの死亡をニュースで知る。

夜眠れないキンバリーは、窓に映った木の枝が、死神の手の様につかんできているように見えた。

ネットで、クレア・リバースを検索し、NY州のストーニーブルクの精神病院にいることを突き止め、訪問する。ただ、病室に行く前に、クラアの希望で、もって入って欲しくないものが多いことと、実はクレアが自らここに入ったことを知る。

キンバリーとクレアとの会話の中で、死亡するリストが逆向きであることに気づく。

キンバリーの依頼にもかかわらず、クレアは何もしないことを選択し、臆病者と言われる。

自宅に戻ったキンバリーは、トーマス保安官に会い、他の生存者がその夜にトーマス保安官の部屋に集まることを聞く。

トーマス保安官曰く、本当はこういう話を信じていなかったが、実は去年180便の生存者を回収してから信じるようになったと。

そのとき、キンバリーは窓ガラスに鳩が襲ってくるのを見るが、トーマス保安官には見えなかった。ただ、キンバリーは、ノラとティムが鳩に襲われるのではと心配する。

ノラとティムが歯医者にいる画面に変わる。ティムが診断室に入った後で、待合室の水槽のパイプが割れ、水が流れ出してします。その間は、歯医者がティムの歯をみて、麻酔をかけようとするが、鳩が窓にぶつかる音で出来なくなる。

水槽からでている水は電気を通って、ノラの足下に広がっていくが、鳩が窓を割って待合室にはいったことで、それを捕まえるためにノラが立ち上がり、感電を逃れる。

同じ音を聞いた歯医者はティムに笑気ガスを吸わせて治療しているにもかかわらず、待合室を見にいってしまう。なぜか笑気ガス(亜酸化窒素と酸素の組み合わせ)の酸素ボンベからの出力がとまり、亜酸化窒素のみとなり、ティムの体の動きを奪ってしまう。さらに天井に飾ってあるおもちゃ落ちて、ティムの口に入ってしまう。

窒息するティムを救ったのは、看護師であった。

治療を終えたノラとティムに、トーマス保安官とキンバリーが遠くから見つけ「鳩」と叫ぶが、ティムは工事現場の近くにたまっていた鳩を見つけ、追い散らかしてしまう。

飛び立った鳩のせいで、クレーン作業者の視界を奪ってしまい、クレーン車が吊り下げていた大ガラス板が落下し、ティムを押し潰してしまう。

三人目 – ノラ・カーペンター

ティムの死骸の横に残ったノラを残し、キンバリーとトーマス保安官は戻る。

そこにはクレアが待っていた。死と戦うために。

3人が向かったのは、ウィリアム・ブラッドワースである。

ウィリアムに死との戦い方を聞く3人だが、ウィリアムは死は逃れられない、ただ、生と死はお互いに均衡していて、新しい生命のみが死のリストを上書きすることが出来ると。

その帰り、3人がガソリンスタンドに立ち寄ったときに、キンバリーが新しい予知を見る。

キンバリーが白いバンを運転し、湖に突っ込んで溺れてしまう、というものだった。

そこから、イザベラ・ハドソン(白いバンと妊婦)に繋がった。

イザベラが子供を産めば、それが新しい生命となるのではと考えられる。

夜、トーマス保安官の場所で集まった残りの生存者(イザベラ除く)はお互いに助け合おうと話すが、ユジーンがそれを否定し、さらに荷物から落ちてしまったゴルフボールが天井につり下がっているカヌーを落とし、危うくクレアに当たるところだった。

そして白いバンが見つかるが、画面は再びトーマス保安官に。

ノラが葬式の準備で抜け、さらにユジーンも抜けてしまう。

二人がエレベーターにのると、鈎の義手を大量に持ったおじいさんがいた。

一方で、トーマル保安官の部屋にいたローリーは、危うく荷物の下になるの逃れたが、床に移った陰から、「鈎手の男」ということに気づく。それが予兆となった。

トーマス保安官からの電話でノラが携帯を取るが、落としてしまう。そして屈んで拾うときに、おじいさんが持っている義手の鈎が髪に絡まってしまう。

そしてパニックになるノラ。

ちょうどエレベーターのドアがあき、ノラは転げるように外に出ようとするが、エレベーターのドアがなぜかちょうどノラを挟む形ですぐに閉まった。

そして、エレベーターが上に動き出し、首の切断に繋がってしまった。

みなの告白

白いバンとイザベラが見つかったという電話をしているトーマス保安官に部屋にユジーンがパニックになりながら戻り、トーマス保安官の拳銃で自殺をしようとするが、ちょうど弾が入っていなかった。

だが、トーマス保安官が銃を確認したところ、6発ともに入っていた。つまり、死神がまだユジーンを殺したくないがために、弾が出ないようにいじっていたということだった。

血だらけで上がってきたクレアが明確に伝える。「まだ彼の番ではない」と。

翌朝、5人で来るまでイザベラの元に向かう。そのときに、「イザベラが、保護拘留中」であるため、湖に落ちることはない、とトーマス保安官は伝える。

場面は変わり、拘留場にいるイザベラになる。

そこにいない誰かに向かって文句をはいたイザベラは、破水してしまう。

そこにいる警察官が思わず救急車を呼ぼうとするが、イザベラが白いバンがあるといってしまったので、二人で病院に向かうことになる。

トーマス保安官の車内で、ユジーンが、実は前にも間一髪で助かったことがあることを告発する。担当している生徒が教室で担任を刺し殺してしまったとのこと。その担任は二日前まではユジーンだったのだ。ただ、180便の後事件(ヴァレリー教師の死亡)が起きたので、ユジーンは他の学校に転任となったので無事だった。

それを伝えた後、今度はトーマス保安官も告白をする。実は去年、彼がパトロールに出る10秒前、列車事故(前作のビリーの死亡現場)の通報があったので、パートナーを置いて先に現場に向かった。そのパートナーはパトロール中に銃弾を受けて死んでしまう。

続いて、キャットも告白をする。前の年の5月、ペンシルバニアの安宿を予約し、向かっている途中で、乗っていたバスがアブラハムで事故(テリーの死亡)を起こしてしまう。いけなかった安宿は、その夜にガス漏れがあり、客は全員窒息死してしまったという。

さらに、ローリーも、その期間中、パリの劇場に向かおうとして事故でいけなかったことを告白。その劇場は崩れてしまい、観客が全員死んでしまったものだった。ローリーはその劇場にいく前に立ち寄ったカフェで、カーターが看板に潰されてしまったために、行けなくなったと。

最後に、キンバリーが、母親と出かける直前で、自宅でちょうどトッドが自殺してしまったというニュースが流れていたので、気になって見ていた。母親が、自宅の駐車場に向かったが、そこから車を盗もうとした暴漢に撃ち殺されてしまった。

ここで、クレアが、自分たちが180便の事故から生き延びてしまったので、キンバリー達も生き延びてしまい、だから死神からするとリストを逆向きに対応しているということに気づく。

四人目 – キャット・ジェニングス

ちょうどそのとき、キャットが運転しまった車のタイヤがバーストし、前から白いバン(イザベルが乗ってる)とギリギリで避けることになった。

キャットの車は農場に突っ込んでしまい、白いバンはそれを無視して病院へ向かった。

キャットの車では、ユジーンが右胸に怪我をし、キャット自身も膝に木材が乗ってしまい動けず、さらに白いパイプが後ろから頭の真横に刺さっているという状況であった。

パトカーやテレビ局が来る。ここで、若い子(ブライアン)がボッとしていて、危うくテレビ局の車にひかれそうになるのを、ローリーが助けてしまう。

なぜかテレビ局の車が後ろを見ずにバックしたたため、地面から出ている岩にぶつかってしまい、ガソリンが漏れてしまう。

キャットを心配そうに見ているローリーとキンバリー。ローリーはキンバリーに財布と鍵を渡す。理由としては、ローリーの方が先に死ぬから、母親に心配をかけたくないため、キンバリーに、部屋にあるヤクやポルノ写真などを処分して欲しいから。

イザベルが分娩室にいることを聞いたトーマス保安官が、クレアとキンバリーに伝える。

クレアがキャットの元に行くと、キャットがたばこを吸っていた。

次に救急隊員がドアを道具で開けようとする。力を入れてしまったら、その衝撃で車のエアバッグが作動してしまい、なんとキャットがパイプに頭部を貫通されてしまい死亡。

五人目 – ローリー・ペータース

そのキャットの手から落ちたまだ火がついているタバコが地面を転がり、流れ来ているガソリンに火をつけてしまう。

それを知らないローリーはヤクを吸っていて、トーマス保安官が探し当てたと同時に、トーマス保安官の頭上から木の大きな枝が落ちてしまう。地面に転がってそれを避けたトーマス保安官だったが、同時に、後ろからガソリンが車に引火し爆発してしまう。

その爆風にで吹き飛ばされた柵の有刺鉄線によって、ローリーの胴体が切断されてしまい、死亡となる。

これで残りは3名+クレアとなった。

六人目 – ユージーン・ディックス + クレア・リバース

急いで病院に向かう3人。

と、突然首が絞まるキンバリー。

危うく他の車にぶつかりそうになるが、キンバリーはまたもや予知を見ることになった。

今度は病院の中で、「KALARJIAN]という女性の医師が見え、病院の廊下を歩き、突き当たりには2という番号が。ひょっとしてイザベラが危ないのでは?と心配になる。

そのとき、イザベラは病院にいて、医者か看護師からイキむのを止めるように言われる。へその緒が赤ちゃんの首にかかっているためとのことだった。

一方、ユジーンの病室では、病室のドアがしまり、さらに、換気扇口が閉ざされてしまう。また、酸素供給装置のチューブが外れてしまう。

ちょうど3人が病院についたところで、クレアはユジーンを探しに、キンバリーとトーマス保安官は分娩室へと分かれる。「カラージャン先生、分娩室へ」という放送を聞いた二人は、カラージャン医師を探す。

ユジーンの病室では、酸素供給装置が乗っていた機器が動き、コンセントのコードを巻き付けてしまった。呼吸が混乱になるユジーンだが、だれも病室に来る気配がない。

イザベラがいる分娩室では、赤ちゃんがへその緒に巻き付かれてしまっているため心拍数が低下してしまう。キンバリーとトーマス保安官が分娩室に入ると、ちょうど赤ちゃんが生まれ声を出しているところだった。

喜ぶ二人を尻目に、ユジーン病室では、ようやく医療機器が非常装置が作動し、呼吸が出来るようになった。

クレアを見つけた二人は、これで、ウィリアムのいう新しい命が死神のリストを上書きしたのかと喜ぶが、キンバリーが再度予知を見てしまう。

白いバンをイザベルが運転しているものだった。高速道路の事故で、彼女が無事にバンから降りている姿であった。

ここで、イザベルがリストに関係ないのではと。

湖の予知をさらに詳しく思い出そうとするキンバリーは、予知では両手に傷や血があることに気づく。

クレアがそれはユジーンなのでは?と言葉にだし、ユジーンを探しに行く。

病室を開けた瞬間にコンセントが抜けてしまい、酸素で充満していた病室が爆発し、ユジーンとクレア両方とも死亡してしまう。

また、キンバリーも両手に傷と血が出来てしまう。

Last 犠牲者

キンバリーは予知と周りの状況から、自ら死ねばいいのだと、トーマス保安官に伝え、さらに、トーマス保安官の頬にキスすると同時に、「カラージャン医師を呼んで」と頼む。

そして、救急車に乗り込み、湖に向かって運転し、そのまま車ごとダイブを行う。ここに至って、キンバリーは平静であった。

それを追って、トーマス保安官は湖にジャンプし、車まで泳ぎ助けようとするが、ドアが開かずそのままキンバリーが溺れてしまうのを見る。

ただ、キンバリーとしては、意識がなくなる寸前、自分がここで溺れてしまい、カラージャン医師によって蘇生することができれば、助かるのだと考えていた。

その通りに、カラージャン医師によって、キンバリーを助けられ、トーマス保安官とともに、死神に打ち勝ったと喜ぶ。

場所は変わって、ブライアンのところで、食事を取るトーマス保安官とキンバリー。

そこでローリーがブライアンを助けた話が出てきて、トーマス保安官とキンバリーが目を合わせ、ブライアンを見た瞬間に、ブライアンがBBQ機器の爆発で死亡し、その手がテーブルの上に落ちてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました